FC2ブログ
熟妻フェチのブログです
本日からタイトルを 「社長編」に変えました

と。。。言ってもあと2回くらいで終わらせます(予定)

あとAmiの手術日ですが本日、

先生との話があるようです

それと最後の私のわがままはこの連休に行います

ap22.jpg

さて社長とのS○Xの話へ戻ります

私は文才もなく

性的な表現も上手くありません

なので「アンアン とか いくぅ~」など言葉の表現もありません



私  「ちゃんと着けていたの?」

Ami 「うん。」

中略

Ami 「でもね・・・怒らない?」

私  「今更怒れないよ」

Ami 「じゃあ話すね。」

Ami 「どうしても社長がいかない日があったの」

    「色々してみたんだけど、射れるとダメみたいな・・・」

    「社長も焦り始めたみたいで、着けないとダメって聞いてきたの」

私  「・・・・・。」

Ami 「良いよ。着けなくてって言ったらすごく喜んじゃって」

中略

その日以来付けなくなったそうです

私  「まさか・・・中だし?」

Ami 「ううん・・・お腹や背中とか間に合うときは口だよ」

私  「中に出したがらなかった?」

Ami 「後で出ちゃうのが嫌だったので絶対にそれだけはお願いしたよ」

私  「口のときは飲むの?」

Ami 「うん。男の人ってそれが願望なんでしょう」

こんな会話をしながら

私は息子を膨らませ

Amiを抱くのが楽しいことになっていました

もちろん怒りや切なさもあったのですが

それ以上の興奮が勝ってしまいました

簡単に社長とのことを書かせていただいています

ap23.jpg

やっぱり撮影はノーパンにパンスト直穿きになってしまう (笑)

ap24.jpg

連休中に計画があるのですが

一昨日にハプニングがありました

意外にあるんだなぁ~・・・と驚きました

こんなことって妄想かAVビデオの世界だと思ってました


ap19.jpg

更新が大変遅れてすみません

今回は近況をお知らせします

私の母が心臓手術を行いまして

高齢のため色々家庭事情が発生をし

ゴタゴタ状態になってしまいました

Amiも嫁としての立場と自分の手術のこともあり

体調を崩してしまいました

ap20.jpg

それとAmiは10月をもってパートをやめました

それにともない社長との仲も終えました

もちろん最後に○○をしてきました

これについてはまた書くと思います

ap21.jpg

最後に体調を崩したためAmiの手術は延期になりました

たぶん来週中にはまた日程を決めるかと思います

延期になったことで

Amiには内緒のプランを立て始めております

成功に関わらず

いつ日か書きます

たぶんそれを書いた時点で

このブログを続けるか辞めるかを考えます



お知らせも 5になりました

今回は喧嘩中にAmiから聞きだしたこと、冷静になってから聞き出したこと

肝心なことを聞きそびれたこともあるかもしれないし

いまだAmiの心の中にしまってあることもあるかもしれません

ap16.jpg

ただ私は以前から他人棒願望があり

多少ながら寝取られもありと思い始めていました

なのでAmiから言われた「他人としろしろ言っているのだから私が社長とデートしたって良いでしょう」
  
そんなやりとりから始まった社長とのデートでした

ap17.jpg

続きです

一通りにAmiを愛撫をし正常位で二人は繋がったそうです

色々と尋ねましたが

Ami「普通に一回目をしただけだよ」

私「一回目?」

Ami「うん」

私「それで着けたの?」

Ami 「うん。ちゃんと着けてくれた」

私 「感じた?」

私 「声は?出した?いつも以上?」

などなど思いつくことを聞きましたが

Ami 「出たと思う。感じたよ。・・・」と淡々と答えるだけ

これでは喧嘩になりますよね

Ami 「怒るならもう話さない!」

Ami 「あなたが聞きたいって言うから話しているのに」

Ami 「他人としろって言っておきながら怒るの?」

Ami 「今日もあなたの想像通りにしてきたわ。だから疲れているの。寝ます!」

そんな修羅場の一夜でした
ap18.jpg

なんで修羅場になったかはまたの機会に・・・

結局その日は2回したそうです

1回目が終わってから2人でお風呂に入り

ベッドへ

2回目はAmiからもしゃぶったり全身を舐めたりして

正常位から繋がり後背位もしたそうです

2人の会話のやり取りまでは聞けないので

性的な表現は書けません



今回の記事はAmiから聞いたことを文書にしているため

性的な表現やエロさはないかもしれません

また文才もないため期待はしないでください

では続きです

ap13.jpg

Amiはシャワーを浴び

下着の上に部屋着を身につけ

社長の待つ部屋に戻ったそうです

社長はその時、全ての衣服を脱ぎ

全裸でいたそうです

Amiと入れ替わるように社長はバスルームへ

その時、Amiはチラッと社長の物を見たそうです

すでに社長は立っていたそうです

私「でかかった?」

Ami「普通だったと思う。それにその時はちょっと見ただけだし・・・」

ap14.jpg


Amiはできる限り部屋を暗くし

音楽をかけたそうです

そしてAmiは布団を掛け社長を待ったそうです

社長は部屋に戻り

「結構暗いね」みたいなことを言い

灯りはそのままにし

一気に布団をめくったそうです

ap15.jpg

そしてAmiの着ている物も一気に脱がしたそうです

Amiは一日穿いていたパンティだけは気になったようですが

社長はソファーへ投げてしまったのでその点は安心したと言ってました

すでにスッポンポンの社長

全裸にされたAmi

社長はキスから始め

オッパイヘ・・・

そしてAmiの大事なところへと移動していったそうです

では続きです

今回のことはAmiから聞いたことに私の想像も交えてとなると思います

また私は文才もなく性的表現も下手なため期待はしないでくださいね

ap10.jpg

社長から「そろそろ良いかな」と聞かれ

Amiは否定も返事もしなかったそうです

社長は車を走らせラブホに向かったそうです

その間、二人には会話がなかったそうです

ラブホの駐車場に着き

社長はもう一度聞いたそうです

Amiは聞こえるだろうぐらいの声で返事をしたそうです

「いいよ・・・」・・・と

社長はそれを聞き玄関に向かったそうで

Amiは追いかけるように付いていったそうです
ap11.jpg

社長はモニターを見て部屋を選び

フロントから鍵を受け取り

部屋へ・・・と

その時も無言だったそうです

部屋に入るといきなり抱き寄せ

キスをしてきたそうです

ap12.jpg

Amiはシャワーを浴びたいと言い

浴室に向かったそうです

私「すぐ受け入れなかったのはもしかしてオバサンパンツとか穿いていたとか?」

Ami 「違う・・・やっぱりシャワーを浴びたかったし、下着はちゃんとしたのをしてたよ」

私 「それってその日は予期してたってこと?」

Ami 「ううん・・・もう少し前から下着は気をつけていた」

私「・・・・」

もうすでにAmiは誘われたらこうなる気持ちは固まっていたんですね←たぶんその日かな・・・という記事を再アップします


ap7.jpg

Amiの手術日が決まりました

だいたいこれ位切るよ・・・と親指と人差し指で長さを教えてくれたそうです

やっぱり今後の撮影は難しいかな

私の願望も・・・

ap8.jpg

じいさんさん。ポキールさんコメントありがとうございます

今現在は手術に向けて話し合ってるし

仲は今まで通りです

ap9.jpg

社長とのことを少しながら書いていきますね

Amiから聞いたこと・・・を

ただわたくし、文才はないし表現など乏しいので期待はしないでください

古くからこのブログを読まれている方は知っていると思いますが

まずは簡単に・・・

それとの関連記事は公開に戻しております ←をクリック (リンクは終了しました)

Amiが勤めている(パート)会社は男ばかり

女性はAmi1人となってしまいました

ある日バツイチの社長がAmiに離れて暮らす子供のプレゼントを買うのに

付き合って欲しい・・・からが始まりでしょうか

私「何でそんなことにまで付き合うの?」みたいなことを言った覚えが

Ami「他人としろしろ言っているあなたがなんでグズグズ言うの」みたいな・・・

やり取りをし、私はこれから何度も誘われる社長とのデートを容認しました

初めは本当に買い物や食事だったそうです

何回かそんなデートをしランチの後

社長が「そろそろ良い?」と聞いて来たそうです

その時Amiは返事もせず

黙ったそうです




ap5.jpg


長い間放置して申し訳ありませんでした

色々とありまして・・・・

どこから話せば良いのか・・・

まずはもう出稼ぎは行かなくて良くなりました。

ap4.jpg

次にAmiがもしかしたら手術をするかもしれないこと

これによりお腹を切るにあたって撮影が無理かな・・・とも思っております

もちろん傷口は見せないような写真でも良ければ撮りますが

今は迷っております

ap6.jpg

これが潮時って言われれば今回のシリーズで当ブログは幕を引きます

次にやや修羅場がありました

それはAmiと社長との仲のことです

もちろん予想はしていましたけど・・・

最後ですが私の願望のこと・・・。

約3ヶ月色々とあったのです