FC2ブログ
熟妻フェチのブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ar7.jpg

Amiが青木さんの胸に顔を埋め、

両手を大きな背中に回しています。

そして、ゆっくりAmiの顔を上に向かせ、

青木さんはゆっくりAmiのオデコに優しいキスを。

Amiの表情まではとわかりませんが、

緊張でガチガチのように私には感じました。

私の前で、今日会ったばかりの知らない男との経験。

緊張があって当然です。

オデコにキスをし、いよいよかと思いきや、

ゆっくり顔を見つめたまま

進展がありあません。

その時、青木さんが何かAmiにささやきました。

小さく頷いたAmiは、

一人で脱衣室に向かい

服を脱ぎ、大きなバスタオルを巻いて浴室へと入って行きました。

ar8.jpg

ここの部屋はベットから浴室が曇りガラスとはいえ見えます

ガラス越しにAmiの身体のラインも見えます。

タオルを通してですが、大きなお尻。

白い肌がむき出しになっています。

Amiの体を少し離れたところで見てみると、

まだまだ随分魅力的な身体をしてると思いました。

青木さんが私に

『今から私も入っていきますね。奥さん可愛いですし、思ったいた通りの
素敵な女性です』

みたいなこと言い残し、

すぐ裸になりAmiが1人で入っている浴室に

静かに入って行きました。

Amiはいきなり入ってきた青木さんに少し驚いたようですが

これから先起こることは、了承してここに来たわけですから

驚きはしても抵抗はしませんでした。

青木さんはAmiを立たせたまま、

シャワーを手にしAmiの身体にかけました。

Amiはされるまま・・・

身体にシャワーがかかり、バスタオルが身体にくっつき

ラインもはっきりしてきました。

Amiの大きなお尻が色っぽく、

青木さんもそんなAmiの姿を見て

興奮してるようでした。

やがてAmiのタオルは

はぎ取られ全裸にされました。

ar9.jpg



ar4.jpg

灯りのない部屋に無言で3人で入りました。

シーンとした部屋・・・

このあとにこの部屋で繰り広げられることを

即、想像してしまいました

青木さんは電気を点けました。

部屋全体を明るくするのでなく、壁にある灯りを一つ。

小さな灯りだけだったので、私の緊張も少しほぐれましたが

Amiはどんな心境だったんでしょうね

私はこれから始まるであろうことを

想像すると喉がカラカラになっていきました

そんな気持ちを察してか、青木さんは冷蔵庫からビールを取り出しました

Amiも緊張していたんでしょう

2人して一気に飲み干してしまいました

ar5.jpg


青木さんは、無言のままお風呂に行き、お風呂にお湯を張り始めました。

2人の男と1人の女がいる部屋で、

水の音だけがしています。

Amiと私はソファーに2人して無言のまま

青木さんはベットに座ってました。

やがてお風呂のお湯が一杯になり

お湯を止めに行った青木さんは

浴室から出てきて

私達の前に来ました。

青木さんは私たちの緊張を解きほぐすように、

世間話をしてくれましたが

緊張は全く解けませんでした

青木さんはゆっくりと立ち上がり

Amiの前に立ちました。

そしてソファーに座るAmiに囁き、

Amiがゆっくりと立ち上がりました

立ち上がったAmiの頭を優しく撫で、

Amiの頭を

自分の胸押し当てるようにしました。

ar6.jpg

Amiは手をだらりとしたまま、

頬を青木さんの胸に埋め

青木さんはAmiの髪をなで始めたあと

優しくAmiを抱き寄せました

Amiの下がってた両手も、

青木さんに応えるかのように

背中に回し始めていきました。

まだ何もしてませんが、

Amiが目の前で、他人の男に抱き寄せられた時

私の心臓の鼓動が激しく動き出し

嫉妬と興奮を味わいました。

ar1.jpg


続きです

Amiは30分ほどの会話で答えを出していたのです。

青木さん席に戻って来ると、

私は意を決して青木さんにこの後すぐに3人でホテルに行くことを伝えました。

青木さんは笑顔で「奥さんさえ良ければお願いします」と返事

私はもう一度Amiに確認しました。

俯いたまま恥ずかしそうに頷きました

その後は気恥ずかしさからか

私とAmiは無言になってしまいました

3人は早速店を後にしました。

ar2.jpg

運転は青木さん。

Amiは助手席に座り。

私は後部座席。


Amiの隣りにはこれから抱くであろう男性。

その男性、青木さんとAmiは何気ない会話をし

時折笑い声も

それを後ろから見る私


本名も何も知らない

Ami本人はさっき会ったばかりのこの男に抱かれる・・・

いよいよ大事なAmiが・・

興奮の極みでした。

相手の青木さんは、寝盗りや3Pを何度か経験されており

温和な感じの中にゆとりさえも感じました。

ar3.jpg


やがて、車がホテルに到着。

あれだけ話していたAmiも急に黙って車から降り、

3人で部屋に入りました


やっとここまで来ました

いよいよ本格的な単独さん選びです

5人に絞られたAmiの相手

Amiに5人の単独さんの写真を見せると言葉も出ないほどでしたので

最終判断のため

私が実際に会って話を聞いてくることにしました

事前に会いたいことを伝えるとお二人の方から連絡なし

最終的には3人となりました(笑)

最初に会った男性は、いきなり「本当に今日は奥さんは来てないんですか?」と少しせっかちな人だったため今回はパス

2人目の人はいい方だったのですがなんとなくオタク系・・・で保留

3人目は清潔感があり、経験もある人でしたが

Amiのことを優先的にしていただけるようだったので、

その人に決め

数日してお互いの日程を調整しもう一度Ami抜きで、

会ってみると

この男の人ならAmiを任せてみようと思いました。

次回はAmiも同席することを約束しました。

ついにここまで来たんだと思いました

それから一週間後、Amiを含めた3人で会うことになり、

私たちが先に駅のロータリーで待っていると

10分ほどしてから青木さん(仮名・ここからは青木さんとします)が車で来ました。

近くのコーヒー店で30分ほど話した後

青木さんがトイレに立つと、

私はAmiに聞きました

Amiも紳士的な青木さんに少し安心したようで

そのままホテルに行くことになりました。

思い出しながらのため乱文にご理解ください

den8.jpg









更新が遅れてすみません

さて続きです

一行メールの除くと

70通以上あったメールも20通ほどになりました

次にこちらの条件と違うメールの方(年齢やSMプレイの誘い等)を外し

さらに自慢や自信満々な方

減りましたね

8名になってしまいました

8名の方に連絡を入れ

目線入りでよいので雰囲気のわかる程度の写真をお願いしました

すると3名の方に拒否され

とうとう70通以上あったメールが

5人に絞られました

慎重し過ぎですかね ^^;

aq1-1.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。